地方における医師勤務地について

地方の病院では医師不足が深刻化

首都圏でも地方の病院では、医師不足が深刻化しています。
地方の総合病院では、医師の確保ができてないことから、
受診できる診療科が限られているところが出ています。

地方の総合病院では、その地域の医療を担っているために、
医師不足は地域住民に大きな影響を与えています。
少し前の時代から、新人の研修医の勤務地は自ら選べるようになりました。
その結果、都心などの大病院に研修医の人気が集中してしまう事態が
起こっています。

ここ数年では、研修医も地方に目を向ける人が増えてきているようですが、
まだ、地方では医師が足りない状況があります。
とくに手術を行える人がいないために、地域住民は他の大きな病院へ
行かなければいけない負担が出ています。
一刻を争うような病状になった場合は、救急車で遠い距離を
移動しなければならず、生死の問題となってきています。
そこで、地方自治体でも、医師不足を解消するために、
予算をつけて勤務医を募集することを始めるようになっています。